群馬県高崎市の楽器店 音響楽器
HOME >  
あなたのピアノは大丈夫?
その
ピアノの調律ってやらないといけないの?

調律。ピアノを購入された方が一度は考えることかもしれません「調律って本当に必要なの?」と…
私も、毎年かかる調律の手間と金額について、ピアノ購入者の立場から考えてみて、本当に調律は必要か?という内容で調べてみたところ、たくさんの意見が出てきました。
例えば…
Q:前回の調律から一年経ち、調律のお店から電話がくる頃なのですが、もし断るならなんと言ったらいいでしょうか?
A1:調律は毎年必要です。使用頻度によっては半年に1回という方もいます。断るなんてもってのほかです。私も7〜8年サボってしまったことがありましたが、久しぶりに調律師さんに連絡したら、慌てて飛んできて、「うわー」と言いつつ、慎重に調整してくれました。
ピアノは弾かなくても、ものすごい力で弦を引っ張っていますから、調律しないと、その弦を止めたピンのところがさびて、久しぶりに調律すると弦が切れてしまうなんてこともあるそうです。反省を込めて、以後は毎年調律頼んでいます。

A2ピアノは湿気が大嫌いです。年に1度は中を開けて乾燥剤等チェックや掃除などしてもらうのもいいと思います。弦も錆びてきたりするみたいですから。
直接エアコンの風が当たる場所などに置いていると、弦がゆるんで音が下がるようです。
調律でピアノの価値が決まってしまうぐらいですので、万単位のお金がいるし面倒だと思いますが
する方が将来的にもいいと思います。
毎年調律する場合と、2〜3年あけて調律する場合では価格も多少違ってくると思いますし。
特にどなたかレッスンなどで弾いているのであれば、定期的に調律するべきだと思います。

A3:「年に一度」という調律周期は、「楽器としてのピアノ」を維持出来る最低頻度、だとお考えいただいたほうが良いと思います。
「年に一度」よりも伸ばすのであれば、ピアノは限りなく「インテリア化」して行きます。(^^;
(「楽器」と言えるシロモノではなくなっていく、ということです。)

…以上のように、やらなくとも良いという回答はなかなか出てきませんでした。本には「現代のピアノの弦の平均張力は、1本当たり約70〜90kgが標準とされ、1台分の総張力は17〜20トンという驚くべき値になります。」(ピアノの知識/河合楽器製作所より)とあるように、すごい力が加わっていますし、タッチが鈍くなったり、ネジがゆるんだり、雑音が出たりする場合もあるので、大切な楽器の健康診断として調律は必要だということのようです。

中には全然調律をしていないピアノで、ピアノ教室を運営している個人の教室があるなんて噂も聞いたことがありますが、確かにピアノが上手な先生でも、ピアノの構造や調律のことまで詳しい方は少ないと思いますから、もしかしたらそんな教室もありえるのかもしれません。

ずっと調律をしていない自宅のピアノを弾いていた子供に、調律をして音を合わせたら「変な音になった」と言われて困った、という調律師さんも多いようです。本来の合った音を知らず、変な調律のまま覚えてしまった子供にとっては、最初に馴染んだ音が変な音だったというのは可哀想な限りですし、変な音感で育ててしまった大人の責任でもありますね。子供に罪は無いので、できる限り良い環境で、良い音のピアノに触れさせてあげたいものです。
最近、絶対音感なんてものが流行ってますが、絶対音感でも相対音感でも、どちらにしても調律もしないような音が身近にあっては感性は育ちません。子供のうちからちゃんとした音を聴かせてあげてください。

ペットも心を癒してくれる大切な仲間ですが、ピアノも同じですよね。ペットに食事を与えないと死んでしまうように、ピアノも調律が必要なようです。1年間のエサ代や手入れ代を考えれば、ピアノの調律は必要最低限なものではないでしょうか?
それをすれば、トイレを躾けることも無く、留守にしても寂しがらないけれど、必要な時にはちゃんと心を音に表して癒してくれる存在になってくれることでしょう。じっと動かず、必要な時だけないてくれる、ピアノというパートナーにもっと愛情を与えてあげてください。
上部右イメージ画像
              ※調律について、ご依頼、ご相談は下記までお気軽にどうぞ
                          蟆散然擺錙TEL:027-347-4520


その
ぎょっっ!ネズミの巣!!

ご自宅のピアノは、弾いてない・調律、メンテナンスをしてないということはございませんか?弾かないまま、調律もしないままでは大変なことになってしまうかもしれません。ピアノもペットと同じく愛情をかけ、世話をして(弾いて)、えさをあげ(調律やメンテナンス)ないと、死んで(壊れて)しまいます。特にアップライト(竪型)ピアノをお持ちの方はご注意!これは放置されたピアノの中でネズミが巣をつくり、食い荒らされてしまったという、かわいそうなピアノの姿です。
鼠の巣1 鼠の巣2鼠の巣6 鼠の巣7

ペットが心を癒してくれるように、ピアノも癒しを与えてくれる家族として、愛情を注いであげてください。

当社で調律・整調と共に、ご依頼いただければ検査もいたしますので、お気軽にご相談・ご連絡ください。
蟆散然擺錙TEL:027-347-4520

| 1/1PAGES |

株式会社 音響楽器

〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町
4623−12
TEL:027−347-4520
MAIL:onkyo@bg.wakwak.com

<事業内容>
音楽教室
ピアノ他楽器販売
調律
ピアノ修理
ピアノリース
ピアノクリーニング