群馬県高崎市の楽器店 音響楽器
HOME >  
ピアノ教本について
ピアノテキスト・楽譜等についてのお話し


バイエルはもう古い?

よくピアノ教室について聞かれる噂のなかに「バイエルを使っている先生のところはやめた方が良い」という話を聞いたことがあります。昔から使われていて、ピアノに触れた事のある人なら一度は聞いたことがあると言えるほど有名なバイエル教則本。本当に「バイエルは古い」のでしょうか?
 バイエルというと、教則本のタイトルと思われている方も多いと思いますが、バイエルもツェルニーもブルグミュラーも、その教則本を作曲した人の名前です。フェルディナンド=バイエル/Ferdinand Beyer(1803~1863)ドイツのクヴェアフルトに生まれ、十数年かけて教則本を手掛け、音楽教師として過ごしました。日本には明治13年にアメリカ人メイソンによって紹介されたといわれています。もちろんバイエルが生きていたのはリストやワーグナーと同じ19世紀ですから古いのは当たり前ですね。確かに人によっては「ヘ音記号がなかなか出てこない」「♯や♭など黒鍵を使わずハ長調ばかり」「無機質な音楽で感性が育たない」「バイエルを使うことがピアノの正統教育だと勘違いしている先生が多い」といった意見で問題にする人も多く、否定し切れないのも事実です。でもこれだけ長い間使われてきた有名な教則本をダメだと言い切るのも短絡的な気がしますし、バイエルで育った音楽家も多いと思います。それこそイチ教則本でこれだけの話題になるのはバイエル教則本が絶大な影響を与えてきた証拠であると思うと、バイエルさんの偉大さもわかりますね。ただし現在はピアノの導入書も研究されて、日本人による日本の環境に合った教本も多く、バイエルに限らずたくさん出版されていて併用されている先生も多いようです。それこそ教材研究をしない指導者が、自分の使ってきたバイエルを全てとするようなら問題かもしれませんが、バイエルを使うか使わないかで良し悪しを決め付ける人達もまた問題かもしれませんね。教則本も使い方次第ですので、噂や固定観念にとらわれることなく音楽を楽しめるように頑張りましょう!ちなみにバイエルさん自身は、専門の先生に教わる前に、親が幼い自分の子供に教える為の教本として役に立つものである、とも言っていたそうです。親が何もせずピアノの先生に預けるだけで「バイエルを使うとどうのこうの…」と言うのも恥ずかしいことかもしれません、気を付けましょうね。

「マンガ音楽家ストーリー8/バイエル」(ドレミ楽譜出版社)という、モーツァルトやショパンと同じくバイエルの生涯を描いたマンガが出版されています。(当店も取り扱っております)
まんがバイエル
音楽に魅了されながらも、突き詰めるほど自分の才能の無さに絶望を感じ、その中からでも新たな音楽家としての人生を見つけて行く姿は、ピアノを始めたばかりの人も、音楽家として生活されている方も、何か感じるものがあるのではないかと思います、是非ご購読下さい。

おんきょう音楽教室では、各教室の担当の先生が生徒に合ったテキストを選び、レッスンを進めています。20人近くの講師が毎月集まり、教材研究などをはじめ様々な問題を話し合う班会議も行っております。当店で教本も様々な種類を取り揃えておりますし、講師も新しい情報が常に入る環境で取り組んでおります。

様々な教材の中でも…
ピアノひけるよ!(ドレミ楽譜出版社)
ドレミランド(くおん出版)
ぴあのどりーむ(Gakken)
わたしはピアニスト(全音楽譜出版社)
ピアノランド(音楽之友社)
…などが人気のようです。
他にも
メトードローズ
バスティン
アルフレッド
バーナム
おとなのためのピアノ教本(ドレミ楽譜出版社)
大人のためのピアノ悠々塾(ヤマハ)
…もよく使われています。

ちなみにバイエルとひとことで言っても…
標準バイエルピアノ教則本(全音楽譜出版社)
全訳バイエルピアノ教則本(全音楽譜出版社)
子供のバイエル、上・下(全音楽譜出版社)
新版こどものバイエル、上・中・下(全音楽譜出版社)
こどものバイエル、上・下(カワイ出版)
こどものバイエル〜ミッキーといっしょ〜、1〜4(ヤマハ)
新・バイエル教本、1〜2(ドレミ楽譜出版社)
こどものバイエル教本、1〜5/森本琢郎・池田恭子共編(ドレミ楽譜出版社)
短期終了バイエル教本、森本琢郎・池田恭子共編(ドレミ楽譜出版社)
標準版、こどものバイエル、上・下(ドレミ楽譜出版社)
新・標準版、こどものバイエル、上1〜3・下1〜3(ドレミ楽譜出版社)
こどものバイエル教則本、1〜4(ドレミ楽譜出版社)
新編・こどものバイエル、1〜4(Gakken)
標準新版こどものバイエル、1〜6/田丸信明監修(Gakken)
こどものバイエル〜新版〜、上・下(音楽之友社)
と、様々な楽譜が出版されています。他にも、バイエルの効果的な指導法、バイエルレスナーのための指導ポイント、バイエル併用〜、バイエルで弾ける〜、バイエルぴったり〜、バイエル導入教本、バイエルのドリル、バイエルのテクニック、etc…店頭の楽譜を見ただけでもバイエルという名前はこんなに出てきました。

※この文はバイエルを否定・または推奨する内容ではありません。ピアノ教本についてご検討いただくうえでの参考程度にお読みいただければ幸いです。

当店でも教本・曲集をはじめ、様々な楽譜を取り扱っておりますので、是非お越し下さい。また、ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

株式会社 音響楽器

〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町
4623−12
TEL:027−347-4520
MAIL:onkyo@bg.wakwak.com

<事業内容>
音楽教室
ピアノ他楽器販売
調律
ピアノ修理
ピアノリース
ピアノクリーニング